万が一の為に備えたい専門家の行なう仕事内容とは

方法を知って解決する

債務整理の方法3種類

債務整理とは名前のとおり、追っている債務を整理することです。その方法として、主に3種類あります。一つ目は任意整理です。これは、複数の消費者金融等とそれぞれ合意をし、月々分割にて債務を返済していきます。債務について、消費者金融等が利息制限法を上回る金利をつけていた場合には、法律に基づいて再計算します。そして、払いすぎていた利息を債務に充当し、残りの債務のみを返済することになります。二つ目は、個人民事再生(個人再生)と呼ばれるものです。住居等の土地建物を残しつつ、約20%程(事例によって様々)に減額された債務を原則3年で返済していく手続きです。大幅に減額された債務を全て返済すれば、残りの債務については免除となります。これは任意整理とは違い、裁判所に申し立て、許可を得る必要があります。最後の債務整理方法は、自己破産です。債務があるにもかかわらず、財産がなく返済できなくなった場合に、裁判所に申立てをし、許可を得れば、免責(債務を返済しなくても良い)となります。

どの方法の選ぶのが良いか

債務整理には、3つの方法があるとご説明しました。では、どのように手続きを決定すればいいのでしょうか。債務が少額(例えば100万円程)で、現在収入があり、毎月いくらかであれば返済可能であるならば、まずは任意整理を選択されれば良いと思います。債権者の中でもA社のみを弁護士等に依頼するといったことも可能で、その費用も数万円で済みます。しかし、債務が高額(1000万円を余裕で超えるとか)又は任意整理の手続き中、債務が多額等の理由で債権者が合意に応じない場合等には、個人再生又は自己破産を選択するしかありません。安定した職がある、又は自身名義の土地建物を売りたくないという方には、個人再生をおすすめします。個人再生という債務整理方法をとれば、土地建物を残すことができ、債務のみを減らすことができます。しかし、債務があまりに高額で、今後も返済の見込みがないという方には、自己破産しかありません。免責決定が出れば、財産もなく借金もないという状態からの再スタートとなります。